アジア発:今どき教員のつぶやき

大学勤務20年目の中年。主に教育、翻訳、通訳といった話(愚痴)や家族の話など

鍋物のケータリング

毎学期、学生をグループに分けて昼食を共にしています。

今日は火鍋を食べたいと学生さん。学校まで配達してもらうことにしました。

前も1度あったから「はい、わかりました」と思うと同時に「涼しくなったからね」とボンヤリしていたらやられた。

「先生~~、来た来た」と袋を持って研究室に彼女らが入ってきたとたん、一人分の紙のお椀の底が抜けて中の汁が床にドバッ!

ひいいいいいいいいいいいいいい

自宅で2歳児の食い散らかした残骸を片付けるのは仕方ないが、研究室がべたべたするのは嫌だ~~

というわけで何気なく取り繕った昼食後は掃除に励みました。

明日は通訳が2件ある。

早く寝よう

学級閉鎖

娘の小学校が1週間も学級閉鎖!

連休明けの翌日夜間にクラス担任からの電話で告げられた。

あああああ、連休は諦めて子供優先のスケジュールを組み

平日に死ぬ気で働いていたのに。。。1週間まるまる食事も含めて低学年の子供を一人で放っておくわけにもいかず、昼間予定していた仕事を調整せざるを得なくなる。

こういうときに限って職場の学生関連行事(海外インターンシップの成果発表会など)や新しい翻訳案件が同じ時期に重なる、、、

今日なんぞ職場のプリンタが壊れた(2012年製)。

今週よ、早く終わってくれ。

しかも、無事に。。。

あああ

10月は

毎日、こまごまとした事務仕事に時間を取られております。

新学期に入ったのに履修登録をしていない学生に連絡するよう事務からお達しがあり、担任として未登録者の一人一人に連絡を取ったり、コンテストに参加するために必要とされる推薦状を書いたり、他大学の教員が昇進する際に学外専門家の審査を受けるために作成した著作の審査を引き受け、苦悩したり、、

自分の研究が進んでいないのが恐ろしいですが、そろそろお尻に火が付いた感があり。

来週は7日のうち3日に通訳案件が入っている。

丸腰で挑むことだけにはならないよう時間を捻出せねば。

前歯がとれた

2週間くらい前に診てもらったばかりの前歯がとれた!

野生動物は前歯というか牙がとれたらもう終わり、私も歳を取ったものだ。

二人目を妊娠中に初めてはずれた前歯。

高校時代にバレーボールの試合中、ボールを追っていてポールに正面からぶつかって折れたのが始まり。虫歯も何もトラブルのない歯は検診のたびに歯医者さんに褒められていたのになあ。。

元通りくっつけてもらいましたが、元の自分の歯が根っこにちょこっとあるのみなので、またとれることがあるとのこと。全部差し歯にしちゃってもいいと思ったので聞いてみたら、次にとれるまでインターバルが短すぎたら差し歯にしましょうとのこと。

やはり、自前の歯はちょっとだけでも残しておいたほうがいいらしい。

プールにも行ってきました。

健康第一

残暑が厳しい

昨日はデータ集計と入力で目がつぶれそうな勢い。思ったよりも分析に時間がかかりそうなことに気づき、改めて方法を考え直す。

本日、

朝は鼻水&せきが治らない下の子を病院に連れていき、その足で泳ぎに行く。ものもらいが出来てから行っていなかったので汗が出る出る。水分がそんなにたまるものだろうか。ということは、運動に行かないと代謝が鈍りそうだ。アラフォーはとりあえず週2のペースで通えることを目標にしたい。昨日今日と、こちらは残暑が厳しいです。

午後は学校の業務連絡に徹す。

少人数クラスだ!

約20年に及び担当している語学クラスがあるが、受講生は70人以上とやたら多い。大学も予算の都合で少人数クラスにはしてくれず、とにかく授業を工夫するのみ。一方的に淡々と進めるなんて時代錯誤の講義は淘汰されまする。

そんなところへ棚ぼた(?)式に降ってきた小規模クラス。

一週間に二日だけ全日授業、残り三日は指定企業で4年間働いて収入と実務経験を得ながら学士号を取得するというもの。

国の補助で成り立っているコースで企業も学科の実務畑出身の教員が見つけてきた。半分はドロップアウトしてしまったとのことだが、2年次に残った学生さんたちは素直で学ぶ意欲に溢れており「小テストを毎週してください」と申し出るほど。

そんな訳で、実務で役立つ内容と最低限必要な基礎にしぼってミッチリと教えさせていただきます。仕事との両立頑張れ!!