アジア発:今どき教員のつぶやき

大学勤務20年目の中年。主に教育、翻訳、通訳といった話(愚痴)や家族の話など

サービス・ラーニング

の授業が全学必修なのも今学期まで。これまでは学科の昼間の担任(夜間部の担任は含まれない)が変わりばんこに担当してきた。今年度は私の番。何をどうすんねん?という疑問で頭がいっぱいなのに、現学科長も大老も夜間部の担任しかしたことないから分かってない。来学期からは選択になるなんて、ババを引いた気分…(自分の専門の授業をするわけではないし、、最善を尽くすのみ)。

他人のために働くことを通して学びを得る、という趣旨。ともかく奉仕する機関を探さないと始まらないため、冬休み中に同じ地区にある小学校を訪問し、打診してみるとOKが出たので小学校で当該科目を実施することに。先方にしてみりゃ押しかけてきた厄介者だろうなと小心者の私はビクビク。学生さんたち、感謝の念を忘れずに、小学生の生態を理解しつつ英語の活動をしてください。暑くなってきたらドリンクの差し入れくらいはするからね。