アジア発:今どき教員のつぶやき

大学勤務20年目の中年。主に教育、翻訳、通訳といった話(愚痴)や家族の話など

本日の受注

今日は午前の授業が終わってから、その足で大学別棟で行われる研修に参加。お昼の時間を利用した研修で、参加者にはお弁当が支給されるという大変ウエルカムな設定。研修が終わって10分後には午後の授業が始まる。いちばん基礎の授業なので気も楽。学生さんたちも素直で可愛いく、疲れも吹き飛ぶ。研修中に主任とばったり会い、ひとつプロジェクト企画を書くように言われる。6月1日締め切り、承りましたです。

授業後は急いで自宅へ。途中でラオバン様のお城から連絡、来週土曜日の通訳案件オファーだった。表敬訪問なので時間も短く、引き受ける。>>予習忘れるな!

帰宅後は学校経由で引き受け字幕チェックの仕事に取り組む。どれどれ、と見ると助詞が文頭にくる改行がやたらと多いので、動画の時間と修正案をワードに打ち込んで差し上げる。20分程度の短い画像でよかった。>>終了!

午後五時、子どもを迎えに行く直前に携帯に電話がきた。アフレコで協力している会社担当者からなのだが、バスの「次は、~~。」という例の車内アナウンス案件だそうで、先方が発注する前にサンプル音声を要求しているとのこと。国際空港から出ているあのラインかな?という地名。ちょうど明日、別件で録音に行く約束をしていたので協力することに。録音現場にはお偉いさんたちも何故か見学に来るそう。時間あるんすかね、、、

一日の終わりに、臨時に引き受けた仕事で何をするのかメモしないと忘れそうで怖い:

・明日は録音(会社紹介、バスアナウンス)

・ラオバン様のお城経由オフィシャルサイトの校閲(毎週送られてくるので溜めない)