アジア発:今どき教員のつぶやき

大学勤務19年目の中年。主に教育、翻訳、通訳といった話(愚痴)や家族の話など

ラジオ

休み明けの水曜日。いつものように午前と午後の授業を終えて面会に来る学生を待つ。退学届けにサインをしてほしいと言う。一学期に全履修科目の半分以上を落とされるという成績が2回続くと退学処分になる。これは引き留めようもなく、少しやりとりしてサインをする。切ない。

お昼近くに知らない携帯番号から2回連絡が入っていたことに気づくが、重要なことならもう一度くらいかかってくるかな?と待っていたらきました。お城内部で私の連絡先がシェアされているらしく、広報局のような役割の部門からでした。日本のお堅いラジオ局がお城に取材に来るそうで、その通訳をしてほしいとのこと。日程的に、時間的に微妙だが、引き受けられない場合は信頼できる専門家を紹介するのでちょっと返事を待ってくださいと返答。主人がOKしてくれれば二つ返事で引き受けるつもりです。そのうち日本に私の声が届くかな??