アジア発:今どき教員のつぶやき

大学勤務20年目の中年。主に教育、翻訳、通訳といった話(愚痴)や家族の話など

45歳の体

本日はのんびりと過ごすことができ、仕事らしい仕事は夕方入ったお城の書簡翻訳のみ。昼間は夕食と翌朝の食料調達のために1時間かけて汗をかいて歩き回る健康的な日でした。スクーターに乗れない、車の運転ができないから歩かざるを得ないのですが。

一昨日は出国ゲートでとあることに気づき出国できず、空港から自宅へとんぼ返り。またしても、他人の出国や国外での活動を円滑に行うためのサポートを散々しておきながら、自分の番になるとうまくいかないという漫才みたいな結果になってしまった。

女性は45歳くらいでガクッと体(や容貌)が変わる(衰える)と聞いたことがある。ここ1、2年は皮膚トラブルに悩まされ、甲状腺も陽性だが異常が見つかるなど兆候はあった。が、容貌という点でここへきて本当にドカンと来た。上述の通り、突然出国できないと知り、がっかり&疲れ切って公共の交通機関に乗り込んだところ、なんと、高校生くらいのとっても可愛い女の子3人組が私を見るなり素早く立ち上がり、席を譲ったのだ!!・・・おばちゃん、今学期は殺人的な忙しさでね、もう半年くらいカラーリングしに行く時間がなくて・・・一極集中している白髪ゾーンが目立ってた?!服装も黒のジョギング用Tシャツで顔色冴えてなかった?帰国できないショックでゾンビみたいな表情してた?それとも4つもバックを持って怖い顔してた?

この国では若者がこうした行為を自然にできる。大変素晴らしい。

とりあえず明日、カラーリングに行ってまいります。