アジア発:今どき教員のつぶやき

大学勤務19年目の中年。主に教育、翻訳、通訳といった話(愚痴)や家族の話など

フル回転のラジオパーソナリティー

朝:チビの世話

昼:お姉ちゃんとランチ、夏休みの宿題について意見交換+アドバイス

午後以降:

夕方、メールチェックをしていると又お城の他部署から案件オファーが来ていた。今回はどこの部署を通して連絡先を知ったと最初に書いてあり、やはりお引き受けする旨を返答。

子どもたちが寝てからはラオバン様がメディアに出演した際の動画をチェック、基本政策と最近よく使う言い回しを確認しておく。この国はメディアの司会者やラジオパーソナリティーの質が高く、先ほどチェックしたラジオの女性が年上とはいえ、やたらズバズバとラオバン様に言いたいことをいい(うまくラオバン様の主張をサポートするためのレトリックなのだが)、遠慮っぽい雰囲気が見られないので何者かと調べたら、自身も過去に地方首長の選挙に出馬していたことがあり(日本の芸能人崩れが出馬するチャラいのではなくど・ストレート級)、大学も国内随一の国立大政治学科出身、北京大とハーバードの修士号を持っていた。発言のキレと突っ込み力に納得…

でもラジオ中にコーヒー飲んだりスマホをいじりながらマシンガントークする彼女の姿はちょっと衝撃的でありました。