アジア発:今どき教員のつぶやき

大学勤務20年目の中年。主に教育、翻訳、通訳といった話(愚痴)や家族の話など

自宅作業

今日は学校へ行かなくてもいい日だ!

というだけで暇な稼業だと思われますが、決してそんなことはない。自宅では主に大学にいては教育や会議に時間を取られて着手しにくい、電話を使う作業や細切れ作業を一気に片付ける。

・学生の企業インターンシップ受け入れ先と連絡を取り、書類審査の結果や面接日程

 および注意事項などを学生に伝えるというのを二つの受け入れ先×応募学生人数分や

 る。自宅作業なので電話料金は自腹。

・正規授業についていけない学生のための補習特別授業の報告書を作成、オンラインで

 提出。主任や教務等からOKが出たら印刷して提出。

・来週から始まるテストの問題を4クラス分考え、印刷。

・担任クラスの学生で出席率が芳しくない人に電話連絡、概要をオンライン記録。

・新しく購入したプリンタはインクがおまけでついてくるそうだが、オンライン登録し

 てそれをプリントアウトして郵送しないともらえない。プリンタが使えなくて購入し

 たんだからプリントアウトさせるのは何だかなあ、、と思いつつ郵便局へ。パソコン

 は支給されるが、プリンタなどの周辺機器は自腹。メンテも当然自腹。

・担任クラスの学生さんが小グループに分かれて教員と意見交換をする食事会関係の連

 絡。ある程度は教員がおごったりするが、当然と思っている学生が多すぎ。でも学科

 カリキュラムや授業、その他噂話が直接引き出せるので、学生理解には大変役立つ。

・全国規模のプロジェクト委員会に関する連絡。都合のいい日をすり合わせて会議開催

 日を決めるが、いちばんペイペイの私の希望が通ったためしがない(当然ス)。

 

今日できなかったこと:

自分の論文を進めること、、、、