アジア発:今どき教員のつぶやき

大学勤務20年目の中年。主に教育、翻訳、通訳といった話(愚痴)や家族の話など

インターンシップ受け入れ機関の大切さ

本日のお仕事。

 

午前中:教育

学生の特色あるインターンシップ選抜コンテストが全学で開催。書類審査に通った14名が進んだ最終戦。指導した学生が二人応募し、二人とも書類は通りました。最終戦はパワーポイントを使用した報告で、ひとりが3位に入賞。うちの学部からは唯一の入賞。上位2名は管理学部の学生さんで、半年以上のインターンシップ。しかも濃い内容で納得のレースでした。教員としては、本当に学生のためになるインターンシップ受け入れ先の開拓と提携関係の維持の大切さを実感。

午後:研究倫理の研修

学科教員が一堂に会し、研修。

無事、最終テストには合格しました。やれやれ