アジア発:今どき教員のつぶやき

大学勤務20年目の中年。主に教育、翻訳、通訳といった話(愚痴)や家族の話など

沈殿期間を経て

一連のイベントが終わり、自分の時間を取り戻した感がある今週。

お城では人事異動が近いうちにある。

著作も動画もチェックして本人の発言に沿えるように努力した、あの方に

お仕えすることは暫くなくなるかと思います。でも、第1側近の首長から

私が実はラオバン様にとって切り札的な存在の通訳で、別機関のイベントで頼みたく

てもラオバン様に先に押さえられている、というようなことを言われて

嬉しかった。そこまで信頼していただけて幸せです。

頑張ってよかった。

それにしても人事異動後はどうなるのかなあ。

今度はいつ、どんな案件でお城に上がるのか全く読めません。

自分自身も今までのような気持ちで引き受けることができるのか、まだ

分からない。それとも本務に戻るか、、