アジア発:今どき教員のつぶやき

大学勤務20年目の中年。主に教育、翻訳、通訳といった話(愚痴)や家族の話など

まだ、まだ

クリスマス・イブが最後。

しばらくお城の仕事はないなと思っていたら、書簡があった。

印象深いインタビューや画像も残っている来賓から。嬉しくも悲しく、悲しくも嬉しい。味のあるサインに書簡の核心のひと言を直筆で添えたその字が汚くて(失礼)、

気取らないあの笑顔を思い起こさせる筆跡。ラオバン様にとっても素晴らしい励ましになったと思います。

そうだ、まだまだ続いていくはず。