アジア発:今どき教員のつぶやき

大学勤務19年目の中年。主に教育、翻訳、通訳といった話(愚痴)や家族の話など

資料を

今日は通訳でお城にあがったが、現場について「!」でありました。

連絡担当の方がここ数か月で変わり、人数も増えていたのはいいのですが

通訳当日の資料をもらえなかったのは初めて。幸い、山勘である程度の予測は

つき、先方も通訳さんを同行させていたので事なきを得ましたがやめてほしい。

通訳は一切の説明を受けずとも万人が話すあらゆる

現象を一瞬で理解して訳せるわけではありません。そんなことは不可能です。

当日の主な来訪目的くらい教えて~~。

案の定、先方が準備してきた分厚い資料がお城の係りの人と

お偉方の手には渡っており、それを読み上げる場面もあった。

そ、れ、を、私目にもくださいまし

もし通訳をお使いになる機会がありましたら、皆様どうか

必ず事前資料を通訳にもご提供ください。より精確に、効率よくコミュニケーションが

行えます。よろしくお願いいたします